購読するなら朝日新聞!購読者数や購読料、学割・キャンペーンまで完全解説!

 

みなさんこんにちは!

本記事では、私がもっともおすすめする新聞「朝日新聞」の魅力について詳しく解説します。

入試や就活にも強く、また小学生・中学生の教育にも最適で、全国的に購読者数が多い定番の新聞です。

 

現在割引キャンペーンを複数実施しており、お得に購読ができます。

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

 

スポンサーリンク

朝日新聞の購読者数・購読料

 

朝日新聞の発行部数・割合

 

朝日新聞は日本全国に普及しており、発行部数が多いのが特徴です。

全国版朝刊の発行部数のランキングは以下の通りです。(2017年7月~12月平均)

 

発行部数世帯普及率
読売新聞8,732,51414.87%
朝日新聞6,113,31510.57%
毎日新聞2,928,5915.05%
日本経済新聞2,625,4714.39%
産経新聞1,530,2382.56%

出典:日本ABC協会「新聞発行社レポート半期」

 

朝日新聞は、発行部数・世帯普及率ともに読売新聞に次ぐ第2位です。

ただし、読売新聞は人口の多い首都圏に強いために発行部数が多くなっていると考えられます。

 

一方、朝日新聞は発行部数・購読者数ともに読売新聞には及びませんが、3位の毎日新聞とは発行部数に大きな差があります。

都市から地方まで全国的に普及している新聞であることが特徴です。

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

 

朝日新聞の購読料(朝刊夕刊セット・朝刊のみ)

 

朝刊夕刊セット・統合版(朝刊のみ)の購読料

 

朝日新聞の値段・購読料は以下の通りです。

種類値段
月極朝刊・夕刊セット¥4,037
統合版(朝刊のみ)¥3,093
1部朝刊¥150
夕刊¥50

 

朝日新聞の新聞購読は、「朝刊・夕刊セット」と 、朝刊のみの「統合版」の2種類があり、地域によってどちらになるかが決まっています。

 

朝刊・夕刊セットのエリアは下記の通りです。

  • 北海道の一部・茨城県の一部・栃木県の一部・群馬県の一部・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の一部・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県の一部・奈良県の一部・和歌山県の一部・山口県の一部・福岡県・沖縄県の一部

 

他紙との購読料比較

 

ちなみに、朝日新聞の購読料を他社と比較した表は以下の通りです。

日本経済新聞と東京新聞を除くと、朝日新聞含め主要紙の値段はどこも同じです。

 

統合版(朝刊のみ)の価格
読売新聞¥3,093
朝日新聞¥3,093
毎日新聞¥3,093
日本経済新聞¥4,000
産経新聞¥3,034
※東京新聞¥2,623

 

購読者数・発行部数の推移は減少傾向

 

朝日新聞の購読者数は年々減少傾向にあります。

これは朝日新聞だけでなく、新聞業界全体の傾向です。

 

朝刊のみの数字ですが、2010年頃は約800万部ほど発行していましたが、現在は600万部ほどになり、10年も経たないうちに25%程減少したことになります。

 

これはスマホでニュースが気軽に読めるようになったこと、活字離れが進んでいることなどが要因として挙げられます。

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

 

スポンサーリンク

朝日新聞を購読すべき理由・メリット

 

購読者数が多く、全国的に普及している

 

朝日新聞の特徴は、前章でも解説したとおり発行部数が多く、全国的に普及していることです。

発行部数は読売新聞の次ですが、読売新聞が首都圏に強いことを考慮すると、朝日新聞は都市から地方まで幅広い地域の方に読まれていると考えられます。

 

「みんなが読んでいる」「地域に偏りなく読まれている」というのが大きな特徴です。

 

天声人語だけでも購読する価値あり

 

朝日新聞で最も有名なコンテンツといえば「天声人語」です。

1面下部に毎日掲載されているコラムで、100年以上続く歴史があります。

古典や筆者の周りの出来事などを交えながら、そのときに話題のニュースを分析してあります。

文も短いので、私は忙しくても天声人語だけは読むようにしています。

 

大学入試などにもよく題材として取り上げられることも多く、最近では天声人語を書き写す「天声人語 書き写しノート」も発売されています。

他社にも同じようなコラムがありますが、天声人語は抜群の知名度を誇っています。

 

就活をサポートするコンテンツが豊富

 

朝日新聞は就職活動をされる方にもおすすめです。

学生生活は基本的に試験の成績で評価されますが、就職活動は学力を含めた総合的な力が求められる初めての場といっていいでしょう。

 

朝日新聞を読むことで就職試験などで出題される時事問題に強くなるだけでなく、就活に取り組むために必要な分析力・論述力を鍛えられるコンテンツも利用することができます。

もちろん、エントリーシートの書き方や専門家・先輩のアドバイスなども豊富に提供されており、情報収集も同時並行で進められます。

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

 

さらに、朝日新聞の電子版「朝日新聞デジタル」なら、学生限定の割引キャンペーン「朝日新聞デジタル(就活割)」を実施しており、お得に利用することができます。

 

「朝日新聞デジタル」の魅力は後ほど詳しく解説しますが、PC・スマホ・タブレットでいつでも新聞が読めるだけでなく、過去記事を検索できたり重要な記事を保存できるなどたくさんのメリットがあります。

朝日新聞を読むなら電子版「朝日新聞デジタル」もおすすめです。

 

▼学生の方はこちらから▼
朝日新聞デジタル(就活割)

 

大学入試の出題実績第1位

 

新聞記事は、大学入試問題の題材として使われることがあります。

特に朝日新聞は、大学入試問題として出題された実績が他紙と比べて圧倒的に多いのが特徴です。

 

 

特に、文章を読んで自分の考えを述べる「小論文」に出題されることが多いです。

天声人語や社説を読み、データを元に自分の考えを簡潔に述べる(記述する)訓練を行っておけば、小論文試験の対策になります。

 

実際に朝日新聞を購読しておけば「あ、この記事読んだことある!」ということも多々発生し、会場で初めて記事を読んだ他の受験者に差をつけることができます。

 

高校野球・サッカーに強い

 

朝日新聞は高校野球・サッカーに強いのも特徴です。

特に高校野球(甲子園)は朝日新聞が主催のため、日々経過・結果を大きく取り上げるてくれます。

高校野球ファンはぜひ朝日新聞にしましょう。

 

また、サッカーに強いのも特徴です。

朝日新聞は、現在Jリーグが進めている「Jリーグ百年構想」のパートナーとなっており、Jリーグの試合や選手情報、サッカー日本代表のニュースが非常に詳しいです。

高校野球ファンのみならず、サッカーファンも朝日新聞がおすすめです。

 

子供も一緒に読めるコンテンツがある

 

朝日新聞は大人だけでなく、子供も一緒に楽しめるコンテンツが充実しています。

例えば、朝日新聞を読んでいると時々「ドラえもん」が出てきます。

これは「しつもん!ドラえもん」というコーナーです。

毎日1面に質問が書いてあり、新聞のどこかにその答えが書いてあります。

 

 

子供に大人気のドラえもんが出てくることで子供も抵抗なく新聞に興味を持てますし、質問・答えも平易なわかりやすい文章で詳しく解説してあるので、新聞を読む習慣づけに役立ちます。

 

中学受験にも強い朝日小学生新聞

 

朝日新聞は本誌の中に子供向けコンテンツが含まれているだけではありません。

小学生・中学生・高校生向けの新聞も発行されています。

「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」です。

 

朝日小学生新聞は日刊で、時事ニュースを小学生でもわかりやすいように詳しくやさしく解説しています。

小学生が興味を持つようなコンテンツが多く、写真やイラストもふんだんに使われていて、小学生でも毎日新聞を読む習慣が身につきます。

 

また中学受験される方向けのコンテンツも豊富です。

文章をすばやく読んで理解する力が身につくほか、多くの学校が出題する時事問題にも強くなります。

難関中学校である「灘中」「筑波大学付属駒場中」「女子学院中」合格者の5割近くが朝日小学生新聞を読んでいたというデータもあります。

 

朝日中高生新聞はキャリア教育も

 

朝日中高生新聞もコンテンツが充実しています。

大人向けの新聞では難しくて行き詰る場合でも、中高生新聞なら平易な文章で書かれているのでスイスイと読めます。

特に人気なのは英検(英語検定試験)の問題が掲載されていることです。

スクラップして手製の問題集を作成している方もおられるようです。

 

もちろん、時事問題に強くなるので、高校受験・大学受験の作文・小論文対策の強い味方になります。

また、中学生・高校生のうちから将来を考えられるよう、キャリアに関する記事も豊富なのも好評です。

 

7日間お試し無料キャンペーン中

 

朝日新聞の購読を検討中の方は、朝日新聞HPや販売店への電話で、7日間お試しで新聞を購読することができます。

検討中の方はぜひご利用ください。

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

※試読も可能

 

なお、電子版の「朝日新聞デジタル 」なら1ヶ月無料なので、電子版に興味がある方はこちらを利用してもよいかもしれません。

 

▼申込みはこちら▼
朝日新聞デジタル(公式)

 

スポンサーリンク

朝日新聞(紙)の申し込み・支払い方法

 

購読の申し込み方法

 

ネット申し込みでカタログギフト進呈

 

朝日新聞の購読申し込みは、ネットで簡単に手続きできます。

 

ネットで申し込めば、下記の豪華特典が貰えます。

  • 6ヶ月以上購読:オリジナルカタログギフト
  • 3ヶ月以上購読:AERA・ジュニラアエラ週刊朝日1冊進呈

 

申し込みページ【公式】朝日新聞購読申し込みサイト

 

ただし、申し込みは地域によって「朝刊・夕刊セット」か「統合版」かが自動で決まります。

販売店によっては、朝刊・夕刊セットの地域でも朝刊のみを配達してくれる場合もありますので、その場合は電話で申し込みましょう。

 

朝刊・夕刊セットのエリアは下記の通り。

  • 北海道の一部・茨城県の一部・栃木県の一部・群馬県の一部・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の一部・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県の一部・奈良県の一部・和歌山県の一部・山口県の一部・福岡県・沖縄県の一部

 

電話での申し込みもできる

 

朝日新聞の購読申し込みは電話でも可能です。

  • お客様センター電話番号:0120-33-0843
    (受付:7時~21時)

 

また、近くの販売店に直接連絡することも可能です。

販売店検索お近くのASA検索

 

支払い方法はクレジットカード・口座振替・訪問集金

 

朝日新聞の購読料金の支払い方法は「クレジットカード」「口座振替」「訪問集金」の3種類です。

基本的にはクレジットカードまたは口座振替がおすすめです。

 

ただし、クレジットカード・口座振替による支払いを選択した場合も、引き落とし手続きが完了するまで(1~2ヶ月程度)は訪問集金による支払いになりますので注意してください。

 

1週間お試し購読も可能

 

これから購読を検討されている方は、お試しで短期間購読することも可能です。

お試し購読の申し込みはこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク

朝日新聞デジタルもおすすめ

 

朝日新聞には、毎日配達してくれる紙の新聞だけでなく、電子版も用意されています。

朝日新聞デジタル 」です。

私も新聞は電子版で購読しています。

 

「朝日新聞デジタル」のメリットは以下の通りです。

  • PC・スマホ・タブレットでどこでも購読
  • 1つのIDで家族4人まで読める
  • DLでオフラインでも読める
  • 紙面と同じレイアウトで読める
  • 過去記事も読める
  • 切り抜き・記事保存ができる
  • キーワード登録で記事自動収集
  • 地域版も読める
  • ゴミだし不要

 

朝日新聞の電子版「朝日新聞デジタル」の詳細は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事朝日新聞デジタルを完全解説!

 

スポンサーリンク

購読・朝日新聞デジタル申込みはこちら

 

以上、朝日新聞の解説でした。

新聞はさまざまな種類がありますが、私は朝日新聞が一番おすすめです。

 

紙面の購読は「【公式】朝日新聞購読申し込みサイト」から可能です。

こちらからどうぞ!

 

▼購読申し込みはこちら▼
朝日新聞購読申し込み(公式)

 

朝日新聞の電子版「朝日新聞デジタル」の詳細は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事朝日新聞デジタルを完全解説!

 

▼申込みはこちら▼
朝日新聞デジタル(公式)

 

新聞ナビトップページへ戻る

 

コメント